« April 2006 | Main | October 2006 »

芸術

おっす おら ごくう


ぃや、嘘だけどさ

最近死ぬってことが恐いってかむなしくてしょうがないと思う。。

自分が死ぬ ってことって本当にどうしようもない悲しみだと思う

窪塚洋介の詩でこんなのがある

~ミスプリント~
教科書に
生きるために必要なのは
水、空気、太陽
と書いてあった
1番大切なのが抜けている
そこに僕がいないのなら
水も空気も太陽もなんの意味も持たない

ほんとだょね。。ぶっちゃけ俺が全てだと思う。

自己中とかそうゆう意味じゃなくて。いや、そうゆう意味かもしれない

俺の人に対する「やさしさ」なんて下心MAXだし本当の意味のやさしさなんて思っちゃいない、、まぁ見た目じゃわからないのが現実さ
例えば「情けは人のためならず」って言葉があるけどあれは情けをかけることは人のためじゃなくて自分のため って意味。。めぐりめぐって自分に帰ってくる。。。なんだよ結局自分じゃねーかって

かっこいいこと言っといて自分なんだよ。自分がよければいいじゃね?

悲しいもんだょね、人間て。

やさしさなんてきっと存在しない

だけど

だけど俺はそんな人間で良いってわかってきた

「完全」や「安定」なんてないって。

それを永遠の目標とするのが人間だし。。

下心見え見えで人にやさしくする。。好きなひとに対して気に入られようと「良い自分」を演じる

演じることッて悪くないと思う。

動機はいつだって不純で良いと思う。

自分でマジになれるなら

俺は世界中のみんなにやさしくしたいなんてこれっぽっちも思わない

でも大切な仲間、人には嫌われたくないから最低限のやさしさぐらいは持っているつもり

人間てそんな感じじゃねッ


完全とかありえないけどさ

俺は俺の思う完全を目指してる

絵描きは絵を描き続ける

「俺は史上最高、そして完全の絵描きだ」

と発言するひとは過去に居たと思う

もし彼が完全だとしたらもう二度と絵なんて書かないだろう

その自分に満足したなら


スポーツマンなんてしょっちゅうじゃん

格闘家のビックマウスなんて

本当に開始2秒でKOできるならもう練習の必要はない

でも満足できないからトレーニングするんじゃん

不安だから


きっと絵描きだって格闘家だって不安要素ある

でも俺は絶対に自分の思う「完全」にたどり着き、「安定」するってことがあると思う。

それは信じるとか信じないとかの問題じゃなくて

死ぬ

ってそんな感じだと思う。

死ぬときはきっと満足するんじゃないかッて思う

どんな失敗も含めて満足するから死ぬんだと思う

結局大成功した人間だって遊びほうけてエイズで死ぬんだって

到達する場所はひとつだと思う

結局最後は情けない自分に満足できるって


頑張る意味なくね??

| | Comments (5) | TrackBack (1)

« April 2006 | Main | October 2006 »